« 「お金であること」を保証するもの(後編) | Main | 匿名の重み・実名の重み(4) 匿名ブログの限界(下) »

匿名の重み・実名の重み(3) 匿名ブログの限界(上)

ものすごい間があいたのだが、匿名実名シリーズの続きを書いておきたい(脳内原稿が失われる前に)。前回まで、実名の必要性をうんこフィルター、つまり単にゴミコメントを排除するだけのために考えてきた。しかし、実名でブログを書くことと匿名で書くことの違いというのは、そんな単純なものではないだろう。匿名と実名、それぞれにもっと幅広いメリットやデメリットがあり、それがそれぞれのブログにまるで異なる特徴を与えることになっている。今回はそんな話を考えて、匿名実名シリーズの締めとしたい(追記:締まりませんでした。次回に続く)。

匿名のメリット:議論に必要なもの・いらないもの

前回、匿名で何かを書くことはうんこを投げやすくするだけで、ブログ(や掲示板)の議論で特にメリットはないものと考えてきた。他のブログでも、ざっと眺めた感じではそういう見方が多いようだ。しかし、匿名でものを書くメリットも確かにある。例えば、すっかり焼け落ちて今は更地になっている「しがない記者ブログ」。この記者氏が吊るし上げを食らった一因に「朝日の記者であることを隠して朝日新聞を擁護する記事を書いていた」ことがあるのだそうだ。だが、本来これ自体は特に批判されることではない。もしこの記者氏が朝日新聞を擁護する正当なアイデアを持っていたとしても、自分が朝日の関係者であることを明かしてしまっては、せっかくのアイデアもまともに読んでもらえない可能性が高い。純粋に論理で勝負するためには、肩書きや実名は時として邪魔になるのだ(この記者氏がそういうロジカルなアイデアを持っていたのかどうかは筆者は知らない。上のリンク先を読む限りではそうではないような気もする。どちらにせよ、そのアイデアのプレゼンテーションに大失敗したことは間違いないのだろうが)。

また、実名で書けば個人的な知り合いも多数読者になるわけで、人情だのしがらみだのが絡み付いて書きたいことがかけなくなるということも当然あるだろう。


人はなぜ文章を読むのか-議論のため?啓蒙されるため?

しかし、こういうアプローチはいつも有効とは限らない。議論をしたいのならこれでいいだろう。しかし、ブログ(掲示板やブログ以外のHPもあるが、それも含めて以下ブログで統一)の読者がみんな議論を望んでいるか?というと、明らかにノーだろう。

ブログに限らず、新聞でも雑誌でも、読者の中でそのトピックに大きな興味を持っている人というのはいつも少数派だ。そのトピックの専門性が高くなればなるほど、微妙な言い換えだが、質が上がれば上がるほど、そのトピックに大きな興味を抱く人の割合は減る。「それでもジャーナリストは必要だ」でも書いたが、大半の読者はそのトピックにそれなりの興味を持っていたとしても、その内容を逐一検討したり、トピックを理解するのに必要な予備知識をいちいち勉強したり出来るほど暇ではないしやる気もない。人生やらなければならないことも、知識欲以前に満たしたい欲望もたくさんあるのだ。

では、こういう人たち(もちろん筆者自身も含む、というより、全ての読者がそうだ)が何を求めているかというと、大括りにまとめるなら代弁と啓蒙という辺りになるのではないか。自分の知らなかった新しい情報やものの考え方を得る啓蒙(偉そうな響きだが、トリビアの類もこちらに分類される)と、自分の漠然とした感情を明確にし、他人も同じことを感じていると言うことを確認させてくれる代弁

単純な一次情報を除けば、マスメディアの文章は大概このどちらかに分類できるのではないだろうか(当然、下世話な週刊誌になればなるほど、啓蒙的な要素が減って代弁的な要素が増える。煽り記事とか。まぁ、最近は新聞の社説ですら啓蒙のカテゴリーに入らないものが多いが)。


匿名ブログの限界

実のところ、代弁と啓蒙というのは紙一重の違いしかない。代弁的な文章は「みんなもやっぱりそう感じていたんだ、だから自分もそう考えてもいいんだ」と安心するためにある。啓蒙はもう一段階複雑で、今まで読み手が考えてこなかったアイデアを提供した上で、これが正しいんですと保証する必要がある。どちらにせよ、これはオーソライズのプロセスだ。

では、オーソライズはどのように行うのか?ひとつはトップダウンなやり方。例えば筆者が実はハーバード大学の教授だった場合、筆者の書いたことはなんでもその肩書きでオーソライズされる。「よくわかんないけど、ハーバードの先生が言ってるんだから」(啓蒙的)とか、思いっきり卑近な例だと「みのもんたがそういっていた」「何とかいう有名な占い師がそうしろといった」(代弁的)でもよい。とりあえずそう言われたらそれ以上考えなくても良い状態がオーソライズだ(と、ここでは定義しよう)。上で書いたように、忙しい人にはこの「オーソライズされた思考停止」こそが必要とされているのだ。特に、自分が微妙な好奇心しか持っていないような分野については。

もうひとつはボトムアップなやり方だ。ただ地道に文章を書き続け、「XXはすごい」という評判が次第に伝播していくのを待つ。ただし、トップダウンの場合とは異なり、この手の評判には必ずノイズが混ざる。人によって感じ方はそれぞれなのだからしょうがない。しかも、困ったことに評判を伝えるコストはゼロに近いから、一部の人が偏った評判を流せば評判の平均値は実勢から大きく乖離することになる。

ブログランキングの類もある種のオーソライズとして機能するが、ほとんど同じ理由でこれもあまりうまくは機能していないようだ。そもそも、この種のランキングなどでは、どう頑張っても専門性の高いブログよりも一般性の高いブログが高く評価されてしまうというバイアスがかかる。代弁的な、読者が自分の思いを肯定してもらうために読むブログではそれでも構わないのだが、啓蒙的なブログは本来専門性が高いほどニーズがあるわけで、ランキング型のオーソライズはその意味でも問題が多い。

つまり、匿名ブログの限界とは、オーソライズ能力の欠如にあるわけだ。


実名でも匿名です

当然のことながら、匿名ブログでトップダウンなオーソライズを求めるのは不可能だ。トップダウン・オーソライズは実名と肩書きの両方を晒した人だけの特権だからだ。匿名で書きたければ、色々と問題があることを承知の上でボトムアップで自分の主張をオーソライズしていくしかない。ただし、筆者はそれほど多くのブログを読んでいるわけではないが、完全に匿名のまま、ボトムアップで自分の発言をオーソライズできている例は現状皆無ではないだろうか(程度問題ではあるが)。大体の場合、アクセス数が増えるにつれて評判にノイズが増えていき、結局信頼性は「過去ログを読んで自己責任で信頼するかどうか決めてください」ということになる。そんな暇がないからオーソライズが必要なわけで、これでは元の木阿弥だ。

ついでに書くと、実名を出せば誰でも啓蒙が出来るというわけではない。その名前、または肩書きにそれなりの重みがなければ、その実名はせいぜいうんこフィルター程度の役割しか果たせない。筆者の実名が田中一郎だったとして、だからどうした?で終わるわけだ。無名な実名はこの観点からは匿名と変わらない。

この結果、重みある実名を持つ人は実名で啓蒙的・代弁的なブログを作り、そうでない人は匿名で議論のためのブログを作るという役割分担が生まれる。もちろん、重みある実名を持つ人が自由に議論したい場合に匿名を選ぶことはあるだろうが。


マスメディアの役割・ブログの役割

そして、実際には、実名で啓蒙的なブログが作られることはあまりなく、そういう役割はマスメディアが担うことになる。書き手側の事情は非常にシンプルで、ブログに書いても現状金になりにくいという一点に尽きる。また、次回で述べるように、代弁や啓蒙をするにあたって、ブログの特徴である双方向性というのは邪魔でしかない。その意味で、彼らはマスメディアに出稿するかネット上にアップするかの選択は純粋にギャラの問題になる。

また、読み手側の事情としては、多数の読者を抱えれば抱えるほど、上で書いたように個々のトピックに対する関心は薄れる。読者1000人の専門誌では、例え無名の賢人が原稿を書いても、その凄さを読者は理解できるかもしれない。しかし、10万人の読者を抱える一般紙で、それを期待するのは不可能だ。9万9000人の読者はその原稿の正しさを自ら検討するほどにはそのトピックには興味を持っていない。「御託はいいから結論をもってこい」という話だ。で、途中経過をすっ飛ばして結論だけを売るためには、オーソライズという品質保証が欠かせない。読み手と書き手双方の事情から、実名による啓蒙系・代弁系の記事はマスメディアと親和性が高い。


ネットは新聞を殺すのか?

こう考えると、「それでもジャーナリストは必要だ」と結論がかぶるのだが、ブログが現状競合しているのは新聞でも大手週刊誌でもなく、少数読者を相手に細々やっているマイナーな商業メディアなのだろう。自分でも気が引けるくらいありきたりな結論ではあるが。

もしネット上での商業活動がもっと活発化すれば、ネット上に出稿してもギャラになる、という時代は来るかもしれない。そうすればマスメディアもネット上での活動を無視できなくなるのだろうが、次回説明するような事情から、それは単に実名の書き手がそのままネットに移って同じことをやるだけのことになり、別にそこから何か新しい言論のあり方が生まれるとか、そういうことは恐らくないのではないかと思う。そんなわけで、筆者はこの点についてはそれほど興味がない。

(以下次回。最近原稿が冗長ですいません。推敲する時間が取れればもう少し簡潔に出来るのでしょうが)


本日のまとめ

純粋に議論をする場合、実名や肩書きは邪魔なこともある。そのためには、匿名ブログのほうが望ましい。

ただし、匿名ブログは自分の文章を理解するだけの時間と知識とやる気がある人にしか影響力がない。「微妙に理解しきれないけどそんなものかもな」と思ってもらうためには、実名と肩書きとで自分の文章をオーソライズするしかない。

自分の文章をオーソライズできるほどの名前と肩書きを持つ人は、ネット上に出稿する理由がない。その結果、匿名の書き手はブログで議論を、実名の書き手はマスメディアで代弁・啓蒙を担当するという役割分担が生まれている。

|

« 「お金であること」を保証するもの(後編) | Main | 匿名の重み・実名の重み(4) 匿名ブログの限界(下) »

Comments

ӏ am extremely inspired ԝith your wroting talents ɑnɗ also with the structure to ʏouг weblog. Is that thiѕ а paid theme or dіd yyou customize it youгself? Аnyway stay սp tɦe excellent high quality writing, іt's uncommon tߋ see a grеat weblog likе this oone tοday..

Posted by: http://www.elitetest360.us | May 10, 2014 at 01:31 PM

Hello mү loved oոe! I waոt to say that tҺis article is amazing, ɡreat written anɗ include ɑlmost ɑll important infos. I'd lie tο loook extra postts lke tɦis .

Posted by: Elyse | May 13, 2014 at 01:08 AM

Hey! This post could not be written any better! Reading through this post reminds me of my previous room mate! He always kept chatting about this. I will forward this write-up to him. Fairly certain he will have a good read. Thanks for sharing!

Posted by: best dating sites | October 14, 2014 at 11:55 PM

Ƭhiѕ post gives clear idea designed ffor tɦе new viditors of blogging, tɦat aftually ɦow to do blogging.

Posted by: http://wrinklesscreamtrial.com/ | December 07, 2014 at 09:50 PM

А fascinating discussion іs definitely worth cоmment. Ҭherе's no doubt that thɑt yoս shߋuld write moгe аbout this subject matter, it migɦt not bе a taboo subject Ƅut typically people don't discuss tɦese subjects. To tɦe next! Kind reǥards!!

Posted by: Vital Cleanse Complete | December 07, 2014 at 11:26 PM

I got thiѕ web paɡе fгom mʏ buddy աho informed me rеgarding thnis site аnd aat thе moment this timee I aam visiting tɦis web site ɑnd reading very infokrmative content at ths time.

Posted by: Raspberry Ultra Ketone | December 09, 2014 at 12:39 AM

May Isimply saу what a relief tо find an individual ԝho really understands hat they are talking aЬоut օn tҺe web. You Ԁefinitely realize Һow to bring a problem to light and mаke it important. Ӎore and moee people must read this and understand thіs sіɗе of youг story. I waѕ surprised tҺаt you'гe not more popular given tyat yoս сertainly possess the gift.

Posted by: Black Diamond Cream | December 14, 2014 at 06:42 PM

I've been browsing on-line more than three hours these days, but I by no means discovered any interesting article like yours. It's beautiful value sufficient for me. In my view, if all site owners and bloggers made excellent content material as you did, the internet shall be much more useful than ever before. www.blogesaurus.com quest bars

Posted by: cheap quest bars toronto | January 20, 2015 at 10:03 PM

Hello, yes this post is in fact good and I have learned lot of things from it concerning blogging. thanks. blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: best place to buy quest bars uk | January 25, 2015 at 12:43 AM

It is not my first time to pay a quick visit this site, i am visiting this website dailly and obtain good data from here everyday.

Posted by: free music downloads | February 10, 2015 at 11:03 PM

Pretty! This has been an extremely wonderful article. Thanks for supplying these details.

Posted by: payday loans no credit check | February 11, 2015 at 03:21 AM

I'll right away grasp your rss as I can't find your email subscription link or e-newsletter service. Do you have any? Please allow me recognise so that I may just subscribe. Thanks.

Posted by: match.com | February 14, 2015 at 02:42 PM

I'll right away grasp your rss as I can't find your email subscription link or e-newsletter service. Do you have any? Please allow me recognise so that I may just subscribe. Thanks.

Posted by: match.com | February 14, 2015 at 02:42 PM

It's not my first time to pay a visit this web page, i am browsing this website dailly and take good information from here everyday.

Posted by: mujeres gorditas bonitas | March 05, 2015 at 04:54 AM

I pay a visit day-to-day some sites and sites to read articles or reviews, except this weblog provides quality based articles.

Posted by: minecraft games | March 28, 2015 at 06:07 AM

hi!,I really like your writing very so much! proportion we communicate extra about your article on AOL? I need an expert in this area to resolve my problem. May be that's you! Taking a look ahead to peer you.

Posted by: mujeres en sin ropa | April 08, 2015 at 08:02 AM

The other day, while I was at work, my sister stole my apple ipad and tested to see if it can survive a thirty foot drop, just so she can be a youtube sensation. My iPad is now broken and she has 83 views. I know this is completely off topic but I had to share it with someone!

Posted by: mujeres liberales | April 08, 2015 at 05:22 PM

These are genuinely fantastic ideas in regarding blogging. You have touched some fastidious points here. Any way keep up wrinting.

Posted by: www.match.com | July 01, 2015 at 05:45 PM

After looking at a number of the blog posts on your web site, I truly like your technique of writing a blog. I book-marked it to my bookmark website list and will be checking back in the near future. Take a look at my web site too and tell me your opinion.

Posted by: code promo kdo la redoute | September 15, 2015 at 07:45 PM

I'm impressed, I have to admit. Seldom do I come across a blog that's both educative and interesting, and without a doubt, you have hit the nail on the head. The problem is an issue that not enough men and women are speaking intelligently about. I am very happy I came across this in my search for something relating to this.

Posted by: http://nouveauetinteressantfrance.blogspot.com | September 16, 2015 at 06:07 PM

Hello there! I know this is kind of off topic but I was wondering if you knew where I could get a captcha plugin for my comment form? I'm using the same blog platform as yours and I'm having problems finding one? Thanks a lot!

Posted by: Max Muscle Xtreme Reviews | September 27, 2015 at 12:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41088/4335638

Listed below are links to weblogs that reference 匿名の重み・実名の重み(3) 匿名ブログの限界(上):

» ネットとジャーナリズム [幻影随想 別館]
HotWiredでブログを書いている佐々木氏が毎日新聞にこんな記事を書いていた。 ネット時代のジャーナリズム:ブログはジャーナリズムになりえるか 佐々木俊尚の視点 前々から思っていたことだが、この記事を読んでますます確信が強まったので ネットとジャーナリズムに関して..... [Read More]

Tracked on May 30, 2005 at 01:37 PM

» [ブログ論]ブログ界は「銭湯文化」の正統後継者と成りえるのか?(前編) [〜大ブロ式〜]
ブログにおける実名と匿名に関する議論が色々なところで話題になっている。もうとっくに済んだ話だとか、そもそももう語り尽くされていて遅いという感もある。 が、やはりオレも興味のある事なのできっちり書いておきたい。むろんオレはひきこもりブロガーなので当然?匿名派。 既に食傷気味の人もいるかも(笑)ですが以下そういう話になりますのであしからず。 まず大体の話の流れから。 >> 【実名派】 ◆[http://blog.livedoor.jp/tomabechi1/archives/215... [Read More]

Tracked on June 01, 2005 at 06:03 AM

« 「お金であること」を保証するもの(後編) | Main | 匿名の重み・実名の重み(4) 匿名ブログの限界(下) »