« November 2007 | Main | March 2008 »

和魂と洋才と医療の崩壊(上)

前回、ギルド社会で赤の他人を信用できるのは評判メカニズムのおかげであり、そしてその信頼関係は異分子の混入に対して脆弱なので、ギルド社会は本質的に排他的にならざるを得ない、ということを書いた。それこそが銭湯などでの「日本人は外人を差別する」というお約束の主張につながっていくのだ、という所で〆たわけだが、別に異分子とは外人に限らない。ギルド社会が機能不全に陥れば、誰だって異分子になってしまうのだ。今日はそんな話を。

Continue reading "和魂と洋才と医療の崩壊(上)"

| | Comments (202) | TrackBack (1)

« November 2007 | Main | March 2008 »